マツエクのもちはこの方法でUP!

マツエクのもちをUPさせる方法、これを知っているのと知らないのではかなりの差がでてきますよ。
知ってるわ、という方も、もう一度おさらいしてみてください。

 

 

 

 

 

●デザインを見直してみる?

 

 

まず、デザインの見直しです。肌にあたったりさわったりしてしっていないか、まつ毛への負担などを確認します。

 

 

第一に”長さ”です。
長すぎないこと。長いのが好きで、でももちが悪いのが気になるならあたりやすい目尻や目頭だけでも少し短めにしてみると随分違います。
長すぎたら、まつげに負担がかかって自まつ毛が抜けやすくなったり下向きになってしまったりも。

 

 

第二に、”カール”です。
長さもですが、目頭や目尻の部分はカールが強すぎても肌にあたって抜けやすくなります。持ちが悪いと感じるならカールの弱いものにしたり、目頭や目尻の部分だけカールの弱いJカールにするなどミックスさせても自然なかんじで違う印象にもできます。

 

 

第三に、”太さ”です。
自まつ毛によって耐えられる太さが違います。太くなるほど重たくて自まつ毛に負担がかかって抜けたり切れたりしてしまいます。
自まつ毛があってこそのエクステですので、とくにまつ毛が細い方や、痛んでるなって感じている肩は、ミンクエクステやセーブルエクステにしたり、細いものにしましょう。

 

 

 

 

 

●普段のお手入れは大丈夫?

 

 

普段のお手入れの注意点です。

 

 

第一に、オイルクレンジングは禁物!
これはご存知の方も多いとは思いますが、意外と使っている方はいらっしゃる模様ですね。
グルーがオイルに弱くとれてしまうともいわれますが、実際はとれてしまうというよりはゆるんでくるというのがぴったりです。
施術してもらった時の状態を長持ちさせるならオイルクレンジングは今日からやめましょう。

 

 

クレンジングの際、目の際はクレンジングを含ませた綿棒ときれいな綿棒を駆使してきれいにしましょうね。

 

 

第二に、洗顔の注意を守ること。
クレンジングの時もですが、メイクをしなかった日の洗顔にも注意です。
ごしごし洗いはしないことと、
お風呂のあとや洗顔後はドライヤーの冷風または送風で下から風をあてて乾かすこと。
カールを保ちたくても、エクステはビューラーを使うと折れてしまうので使えませんが、こうするとカールが長持ちします。

 

 

第三に、接触注意!
つい気になって触っていませんか?触れば触るほど抜けやすくなりますのでぐっと我慢です。
目をこすったりは厳禁ですし、寝るときにまくらや布団でこすれたりしないようにできれば仰向けで寝る事。サングラスや伊達めがねのオシャレも注意です。

 

 

第四に、おまけ
エクステにいったら24時間でグルーが完全に乾きます。洗顔などする場合にはせめて6時間はあけてからにしましょう。
エクステをしてもアイラインを描くならエクステをした当日はさけてシャドウだけにするとかにしたほうが無難です。
コーティング剤も1週間に1度はぬってあげましょう。水分からも油分からも守ってくれるので塗らないのとでは1週間から長い人で2週間もちが違う場合もありえます。

 

 

ここまでいろいろみてきましたが、基本を守る事が、きれいを持続できる秘訣かもしれませんね。
結果、お財布にもやさしいですしもう一度チェックしてみてくださいね。